脇脱毛とワキガの関係

 脇脱毛をすると、ワキガになるというウワサを聞いたことがありますが、実際のところ関係があるのでしょうか?

 たしかに、エピレで脇だけ脱毛した後、以前よりも脇に汗をかきやすくなったという人もいるそうですが、脱毛後にワキガになるという事実はありません。

 ただ、今まで脇に毛があったため、汗をかいても脇毛が吸収し、流れ落ちるのを防いでいたのが、脱毛後は汗を吸収していた毛がないので、直接肌に汗が付着し、そのまま流れ落ちるので汗の量が増えたと勘違いする人が多いです。

 また、ワキガ特有の嫌な臭いは、雑菌が毛穴に繁殖することにより発生すると考えられており、脱毛して毛を除去したほうが雑菌の繁殖を抑えることができるので、嫌な臭いが解消されると言われています。

 ただし、先ほども説明したとおり、脇脱毛により汗を吸収していたワキの毛がなくなることで、よく汗をかく人は服の脇の下の部分に汗ジミが出やすくなるので、こまめに汗をふき取ったり、汗ワキパットを使う必要があるかもしれません。

 そのため、最近は脇の毛が一切ないツルツルの状態になるまで脱毛はやらず、自己処理の回数が減って処理がラクになる程度で脇脱毛をやめる人も増えているそうです。